<   2012年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

お客様に和菓子を頂きました。

ナダシンの餅。
の大福、おはぎ、桜餅

「ナダシンの餅」
って変わった名前のお店です。
和菓子っぽくないし。
何でカタカナ?

神戸の灘区に本店があるからそんな名前なんでしょうか?
創業は昭和12年。
地元では、大人気のお店です。

あっ誰だ〜?

写真撮る前に食べちゃったのは?
f0108606_883356.jpg

甘さがちょうどいいです。
ごちそうさまでした。



ナダシンのある神戸の灘区。
ナダシン近くには「竹家ラーメン」があるのですが、先日久しぶりに行ってきました。

f0108606_883643.jpg

カウンターだけの小さなお店です。
こちらもいつも賑わってます。
こちらも歴史は古くて、お店も古いけど、小綺麗です。
お店の方は少し年輩の方です。
ラーメン屋さんにありがちな威勢のよさや活気はないけれど、店員さんが皆さんはご家族なのか?息もあっていて、とても丁寧。和食の料理屋さんみたいなんです。

懐かしいかんじのお店。
f0108606_883752.jpg

ラーメンは味噌と醤油の2種類のみ。

f0108606_884050.jpg

殆どの人が炒飯とラーメンがセットになった、Aセット、Bセットをオーダーします。
nishikawaはもちろん卵をトッピング。
今回は味噌ラーメンのセット。
f0108606_884713.jpg

パンチやこってりさはなくて食べやすいラーメンです。

そして炒飯。
細かく刻まれた野菜や焼豚がたくさん入ってます。

f0108606_885049.jpg

お漬物とよくあいます。
懐かしさを感じる炒飯。
nIshikawaはここの炒飯が好きです。
f0108606_885122.jpg



そしてこの近くにある王子動物園では、10月2日にカバの赤ちゃんが生まれました。
nishikawaはカバ好きなので、ちょっと紹介。

f0108606_883418.jpg


王子動物園では2009年にもカバの赤ちゃん「ナナミちゃん」が誕生していて、nishikawaも見に行きましたが、あまりのかわいさに釘付けになってしまいました。今は鹿児島の動物園に行てしまったそうです。
元気かな〜?


今回もお父さんは出目男。
お母さんはナミコ。
そして赤ちゃんは男の子で
名前はなんと、
出目太に決定!
f0108606_883581.jpg

でめた君
見に行きたいな〜。

王子動物園〜竹家ラーメン〜ナダシンの餅。
お楽しみいろいろの神戸の灘区です。
[PR]
by ill-rino | 2012-11-29 22:02 | グルメ
お気に入りの甘味処。

祇園の徳屋。
花見小路通にあります。

小さくて見落としそうなお店。
赤い提灯が目印です。
f0108606_250497.jpg

餅焼きおしるこ。

f0108606_2492060.jpg

テーブルの七輪?の上で自分でお餅を焼きます。
f0108606_2492148.jpg

お餅を焼きながら、おしるこが出来るのを待ちます。
f0108606_2492755.jpg

焦げ目ついたかな?

f0108606_2492953.jpg

焼けた頃に運ばれて来たおしるこの中へ
f0108606_2495835.jpg

金箔が入ってます。
f0108606_25003.jpg

舞妓がよく訪れる「徳屋」
舞妓さんのおちょぼ口でも食べやすいようにお餅が細長くしてあるんだそうです。
f0108606_250250.jpg

甘い。
体があたたまります。

でも徳屋といえば、
やっぱり わらび餅。
f0108606_2493120.jpg

国産最上級の本わらび粉100%。

氷の上にわらび餅は、つるんとしてピカっと輝いて見えます。
ねりたてのわらび餅は熱いそうで、すぐに氷水にいれて冷やし、氷にのせてねりたてを出してくれているそうです。
f0108606_2493738.jpg

黒蜜と和三盆。
和三盆は花形でかわいくて、崩すのがもったいない。
f0108606_2494176.jpg

ぷるぷるの食感。
他ではない食感です。
和三盆の甘さが、上品で美味、
f0108606_2494597.jpg

氷が丸く残ってかわいい。
f0108606_2495380.jpg

冬でもかき氷もいただけるそうです。

京都で美味しいおしることわらび餅はいかがですか?
[PR]
by ill-rino | 2012-11-28 22:11 | 休日
哲学の道から歩いて法然院へ。

永観堂や哲学の道からそんなに離れていないのですが、坂道を上がっただけで人通りが少なくなります。

山寺の雰囲気もある落ち着いた佇まい。
f0108606_1461390.jpg


石段を上がります。
f0108606_1461593.jpg

石が敷き詰められている石段です。
つくるのは大変な手間なのでは?
f0108606_1461748.jpg


f0108606_1461896.jpg


法然院の山門
f0108606_1462093.jpg

山門から見える風景が、切り取られた絵画のよう。

素敵。

数年前のJRの「そうだ京都行こう」のCMにも使われたそうです。

山門を通して見る紅葉がなんとも素敵。

建築でも窓を額縁に見たてて、外の景色を楽しむ目的で、設置することがあります。
ピクチャーウインドウといわれています。

この山門もそんな意味で建てられたのでは?と思ってしまいます。

しっとり静かに眺めたいです。
f0108606_1462330.jpg

人がいない時にこの門を撮影したいけど、このシーズンはなかなかそんなチャンスがありません。
f0108606_1462931.jpg


f0108606_1463387.jpg


f0108606_1463749.jpg


門の反対側
f0108606_1464479.jpg

屋根の苔の緑と紅葉の赤の対比が美しい。
f0108606_1464627.jpg


両側にある白い土の盛り上がり。
白砂壇
びゃくさだん
水を表す砂壇の間を通ることは心身を浄めて浄域に入ることを意味しているそうです。
f0108606_1465432.jpg


そして
水鉢。
椿の時期は、この水鉢に椿が浮き、美しいそうです。
f0108606_1465656.jpg


f0108606_147162.jpg


f0108606_147551.jpg

石塔
f0108606_147744.jpg


きれいな緑色の苔
f0108606_1471379.jpg

ふっかふかで歩くと気持ちよさそう
f0108606_147156.jpg


f0108606_147204.jpg


f0108606_1472253.jpg


初めて訪れた法然院は、小さなお寺でしたが、紅葉に包まれ、ひっそり落ち着いた風情にすっかり魅了されました。
f0108606_1472228.jpg


また紅葉の頃、ひっそりと
訪れたいです。
[PR]
by ill-rino | 2012-11-28 22:01 | 休日
お休み。
思い立って午後からおけいはんで京都へ。


地下鉄に乗換えて南禅寺。

すっすっすごい人。

観光バスも数珠つなぎ。
f0108606_1663634.jpg


f0108606_1663748.jpg


山も紅葉して綺麗
f0108606_1663714.jpg


もみじの名所の永観堂
f0108606_1663860.jpg


さすがにものすごい人。

nishikawaが出くわした、過去最高の人出。

なのでちょっとのぞいただけで、永観堂には入りませんでした。

あんまり人が多いと風情もないですね。
永観堂は12月5日までライトアップしているので、夜も紅葉を楽しめますよ。
きっと、幻想的でしょう。

f0108606_1663998.jpg


f0108606_1663992.jpg


哲学の道。
紅葉ももうすぐ終わりですね、

f0108606_1664257.jpg


f0108606_166424.jpg


f0108606_1664337.jpg

遅いお昼は
大好きな日の出うどんに行きたかったけど、あまりにも長蛇の列だったので断念。もう3時なのに何時間並んだら入れるのか?というくらいの行列でした。
f0108606_1664476.jpg

銀閣寺の「おめん」へ。
f0108606_1664493.jpg

つけ麺のおめんをオーダー
f0108606_1664538.jpg

生姜や白菜などの薬味やゴマをたくさん入れて頂きます。
麺はやわらかいです。
f0108606_1664714.jpg


唐辛子も4種類。
山椒好きなので、青三昧がお気に入り。
f0108606_1664897.jpg


f0108606_1664614.jpg

nishikawaはコシのある讃岐うどんの方が好きですが、これはこれで優しいかんじで美味しいです。
f0108606_1664644.jpg


でも、日の出うどんのカレーうどんが食べたかったな。。。
f0108606_1664764.jpg


歩いて法然院へ。
[PR]
by ill-rino | 2012-11-28 20:52 | 休日
少し前。
紅葉前の京都

電車でささっと京都に行って、ささっと帰って来るのがマイブームです。
幼い頃に行って以来の伏見稲荷大社。

f0108606_2302211.jpg


f0108606_2302410.jpg

こんなにも鳥居があるのかとビックリ
f0108606_2322935.jpg

ドラマなどでよく見る風景。
f0108606_230242.jpg

鳥居と鳥居の間から差し込む光で朱色がより美しく見えます。
和の色。
他では、現代では感じられないような雰囲気です。
f0108606_2302752.jpg

連なった鳥居を抜けても、またたくさんの鳥居がはじまります。
どこまでも続くトンネルのよう。

魔界のトンネルに入り込んだような感じすらします。

f0108606_230291.jpg

きれいな朱色ですが、
鳥居はほとんどが、杉でできており、その防腐剤として昔から使われた丹(水銀)が朱の原材料なので、鳥居は朱色なんだとか?
また、朱色は魔力に対抗する色ともされ、稲荷大明神のお力の豊穣を表す色なんだそうです。
f0108606_2323571.jpg


f0108606_232367.jpg


伏見稲荷大社自体が山。
予想外にかなりの山道でハイキング並みです。
歩き進むとアップダウンがあって汗をかきます。

f0108606_2303570.jpg


f0108606_2303755.jpg

鳥居は奉納されたもので、反対側に会社名や個人名が書かれています。
大きさが異なり175000円〜130万円。奉納場所によっても価格は変わるそうです。
その鳥居の数はなんと一万を超えるんだとか?
f0108606_2303916.jpg

石段を上がり新池に到着。
f0108606_231685.jpg

まだまだ鳥居は続きますが、足元がブーツということもあってここで断念。
f0108606_231820.jpg

池に突き出た拝所。熊鷹社です。
ロウソクがゆらゆらとしています。
外国からの観光客は、この風情をとても気に入っているようでした。
f0108606_2311727.jpg



途中
f0108606_2304346.jpg

願い事をした後、石を持ち上げてみて、石が自分の思っていたより軽ければ願いが叶い、重ければで叶いにくいとされる
「おもかる石」
nishikawaは重く感じてしまいました。007.gif
f0108606_2304550.jpg


池に天然?のすっぽん発見!
f0108606_2304928.jpg

合体狐
f0108606_2305182.jpg


奥社奉拝所。
境内では、お守りなどがたくさん売られています。
f0108606_2305399.jpg

狐がたくさん。
f0108606_2305544.jpg

絵馬も狐の形でした。
f0108606_2305773.jpg


朱色の美しさに感動。

この伏見稲荷大社は、紅葉の時期より、朱色がはえる白い雪が積もった頃や、新緑の頃が、より美しいのでは?

予想以上に鳥居が多くて、少し怖さもかんじましたが、ぜひまた訪れたいです。

f0108606_2323345.jpg


やっぱり稲荷神社に行った後は
f0108606_2305946.jpg

いなり寿司でしょう。
f0108606_231094.jpg

[PR]
by ill-rino | 2012-11-27 00:53 | 休日
尼崎市の市庁舎へ。

公園の木々もすっかり紅葉しています。

f0108606_1344037.jpg

この尼崎市庁舎は、そごう大阪店(取り壊せれてます)、なんば新歌舞伎座、日生劇場、宝塚市庁舎、千里南センタービルなどの設計で知られる村野藤吾氏の作品です。

そしてこの尼崎市庁舎が建てられてから今年で50年。
f0108606_1343520.jpg


市庁舎は、低層棟(南館)、高層棟(中館)、議会からなります。
北館は1984年に村野藤吾氏の設計で増築されました。

f0108606_1343686.jpg


f0108606_1343654.jpg


低層棟の周囲は池になっているので、水辺に浮かぶ建物のように見えるはずなのですが、その水が汚いです。
残念。
お手入れしたらいいのにな〜。

f0108606_1343769.jpg

この建物は直線をいかしたシャープな外観。
そして窓に特徴があります。
通常は柱と柱の間につく窓が、ここでは柱を貫く珍しい形となっています。

f0108606_1343827.jpg

低層棟の内部です。
f0108606_1343889.jpg

この上には天窓があって、建築当時は自然光が降り注いでいたと思われますが、何らかの事情で塞がれてしまい、今は暗い吹き抜けです。
f0108606_1344361.jpg

天窓は暑いから塞いだのでしょうか?それとも雨漏れ?
f0108606_1344443.jpg


中館のエレベーターまわりはタイル貼。
レトロなかんじですね。
北館とは少し色が違います。
f0108606_1344627.jpg


中館の庇に丸い穴が規則正しくあいていますが、これは水抜き穴なんだそうです。

f0108606_1344157.jpg

節電の為か?いつも暗い中館。
階段の手すりや側面に時代を感じます。

f0108606_1344246.jpg


建築当初はとてもモダニズムな建物だったことでしょう。
その頃な尼崎はどんなだったのでしょうか?


f0108606_134422.jpg

池にサギが佇んでいます。
せっかくなので綺麗に保って欲しいですね。
[PR]
クリスマスにむけて、アイルクリエイトの事務所も飾り付けすることに。

いつもは自分達で行っているのですが、今回はapple mateさんお願いしました。

バルーンアートを得意とされているそうです。
f0108606_21565637.jpg

f0108606_21565765.jpg

あっという間にスノーマン完成。

わ〜
姪っ子が見たら喜びそう!

子供達が集まるパーティーなんかの時にやってもらいたいかんじですね。
f0108606_21571187.jpg


たくさんのいろんな種類の風船を持って来られていました。

作業は遅くまで続きます。
f0108606_21571614.jpg


そして
完成。

f0108606_2157235.jpg


f0108606_2157441.jpg


風船をねじって、ねじって
サンタの完成。

f0108606_2157567.jpg


テレビの上にもかわいい天使達。
アイルカラーの星型の風船もたくさん。

f0108606_215776.jpg


f0108606_21571225.jpg

とぼけた味のサンタさん
f0108606_2157136.jpg


f0108606_215799.jpg

この浮かぶ風船に使うヘリウムガスが値上がりして。来年にはこんな風船が何倍もの値段になるかもしれないそうです。
f0108606_2157103.jpg


クリスマスまであと1ヶ月。
見ているだけで、楽しく、わくわくすごせます。
f0108606_1354260.jpg



f0108606_21571739.jpg


パーマをかけたTちゃんです。
f0108606_21571986.jpg

今年はサンタさんが現れるといいね。
まだ間に合う?006.gif
[PR]
今回利用したのは
東急ハーヴェストクラブ有馬六彩。

会員制のリゾートホテルに泊めて頂きました。

f0108606_1056893.jpg


高台の傾斜地に建っているので、見晴らしがいいんです。

f0108606_1056983.jpg


f0108606_10562881.jpg


f0108606_10562880.jpg


内部はシックでモダン。
落ち着いた大人の雰囲気です。
f0108606_1056104.jpg


f0108606_1056103.jpg

f0108606_1056262.jpg


f0108606_10562640.jpg


トイレの表示も

f0108606_10561288.jpg

廊下も
照明の明るさが、暗すぎない暗め。

f0108606_10561314.jpg


大人シックのインテリアの参考になります。
f0108606_10561716.jpg


f0108606_10562315.jpg


お部屋のお風呂も色がまとまっています。
f0108606_10562797.jpg

お風呂のタイルの貼り方も綺麗。
f0108606_10562982.jpg

お部屋の色使いが抑えられている分、大きな窓の景色が引き立ちます。
f0108606_10562771.jpg


お部屋の入口にあった大きな鏡。

f0108606_10562436.jpg


こんな足の先から頭まで全身がうつってコーディネートをチェック出来る大きな鏡が欲しいな〜。
f0108606_10562136.jpg


久しぶりに母とお泊り。
お風呂も堪能したし、朝のバイキングもまた食べすぎてしまいました。
f0108606_10562950.jpg


近くだけど、日常を忘れる世界。
ゆっくりとリフレッシュ出来ていいお休みでした。

また金泉入りたいな〜。
[PR]
by ill-rino | 2012-11-23 23:51
有馬の醍醐味といえば、やはりお風呂でしょう!

どんなお風呂かな〜?
お風呂好きなので、わくわくして大浴場へ。

大浴場の入口は扉があり、お部屋のカードキーをかざさないと中に入れないシステム。

安心ですね。


大浴場の床が面白い〜
f0108606_23475614.jpg

うずくりで、足触りがいいんです。
f0108606_23475787.jpg


大浴場は中のお風呂は銀泉。
露天風呂は金泉でした。

金泉はしょっぱい。
金泉に入ると、有馬に来たな〜って感じがします。

露天風呂はやっぱり気持ちいい〜。
頭や顔が涼しくて、体は暖かいから、いつまでも入っていられわ〜。

お風呂からもっと紅葉が見たいけど、この露天風呂には囲いがあるんです。
邪魔やわ〜。
景色楽しみたいわ〜。


大浴場って、いろんなシャンプーや洗顔が置いてあって面白い。

炭のシャンプーや
柿渋ボディソープ
オレンジボディソープ。
お茶の洗顔料や、
ピーリング剤などなど。
自分では買わない物ばかり。

母もいろいろ試してます。

長風呂なnishikawaを置いて、
母はさっさと上がって、マッサージチェアーを堪能。

このファミリー社のマッサージチェアーは気持ち良かった〜。本当に人がマッサージしてくれてるみたい。
幾らかな?欲しいな〜?と思ったほどです。

さて、晩御飯
f0108606_234831.jpg

中のレストランへ。
廊下のアートがかわいい。
f0108606_2348413.jpg

イタリアンを頂きました。


f0108606_23475733.jpg


お料理はコース。
シェフからの季節の一品にはじまり、
お肉やお魚
パスタも。

f0108606_23475878.jpg

f0108606_23475871.jpg

f0108606_23475999.jpg

f0108606_23475951.jpg


メインはフランス産鳩のローストでした。
f0108606_234846.jpg

メニューを見たとき、鴨と思ってオーダーしたのにな〜
間違えちゃいました。

f0108606_2348532.jpg


デザート。
母はフォンダンショコラ。

f0108606_2348046.jpg

nishikawaはアフォガード
f0108606_2348052.jpg

わ〜と思わず声が出る断面。

f0108606_2348153.jpg

ちょい甘
f0108606_2348651.jpg


全体的に食器が素敵。
イタリアンだからリチャードジノリかな?

f0108606_2348638.jpg


レストランフロアの、置物。

怖かわいい

さて、食後はお風呂お風呂。
[PR]
by ill-rino | 2012-11-22 00:41 | 休日
お休み
母と有馬温泉に行きました。001.gif


f0108606_1004496.jpg


紅葉が見頃を迎えてます。

f0108606_1004754.jpg


どこもきれい。
思ったほど寒くありません。

f0108606_1004854.jpg


宿泊したのは
有馬温泉街の高台にある
東急ハーヴェストクラブ有馬六彩。
f0108606_101231.jpg

豪華なエントランス。
f0108606_1005214.jpg

建物が紅葉に包まれています。
f0108606_10141.jpg


ロビーに入ると、
正面はガラス張り。その向こうに有馬の景色が広がります。

f0108606_1005376.jpg


リゾート地みたい。
f0108606_1005514.jpg



f0108606_1005697.jpg


お部屋からも有馬の紅葉が楽しめました。
f0108606_1005677.jpg

ベランダに出ると寒いけど、空気がすっきりしてて気持ちいいです。
f0108606_1005741.jpg


f0108606_100585.jpg

お部屋のお風呂からも
f0108606_101696.jpg

f0108606_101695.jpg


でも、大浴場を利用したので、こちらは使いませんでした。


周辺を散歩しました。
f0108606_101722.jpg


坂ですが歩いて太閤橋まで行けます。
歩くとゆっくり自分のペースで紅葉が楽しめますね。

途中にある極楽寺と念仏寺。
念仏寺は太閤秀吉の正室、ねねの別邸跡と伝えられているそうです。


f0108606_101526.jpg


お店では炭酸煎餅や大きな栗を売ってます。
f0108606_101331.jpg

母が道の脇で何やら採ってます
f0108606_1005973.jpg

小さな赤と黄色の実。
ヒヨドリジョウゴ
かな?
f0108606_101092.jpg

いま製作中のクリスマスリースにつけるそうです。
実を手にしたまま散歩を続けますが、買い物してだんだん荷物が多くなります。
この時期、紅葉を楽しむ観光客で有馬の街全体に人が多いです。


マンホールの蓋も有馬仕様なんです。
f0108606_10116.jpg


行かれた時に探してみてください。
[PR]
by ill-rino | 2012-11-21 23:58 | 休日