人気ブログランキング |

2008年 05月 03日 ( 1 )

ご無沙汰しております。



年始のご挨拶から早何ヶ月???季節は真冬から春の香りがする季節になり夏の香りすらする勢いです。

スタッフに言われております・・・・。



季節の変わり目に社長のブログが見られる!と・・・・・。



申し訳ございません。これからはマメにと決意新たによろしくお願い申しあげます。



お詫びの印と言ってはなんですが、皆様に耳寄りな情報をお教えいたします。

これからの季節に
おいしいビールの話です。!!







私は先日、ある家具屋さんで置かれているカップに目が止りました。

美しい曲線と銀色に輝くロングのビールカップです。

手にとるとひんやりと冷たく、重厚な重みがありながら持ちやすく、材質は銀ではないなぁー??なんて見ていたら

お店の方が「それは錫(すず)ですよ。」と教えてくれました。



!かぁー。



そういえば以前テレビで錫食器を作っている職人さんのドキュメンタリーをしていたなー?なんて思い出しながら

「これで飲むと味が全然ちがいますよ!!」

なんて!おじさんが大げさに言ってたなぁーー?なんて思い出しながら、その当時はお酒が飲めない私だったこともあり???



「ふーん」



なんて感じでしたが、今は人並みにたしなめるようになり

(誰に言っても信用してくれないのですが、以前は一口飲むと顔が真っ赤になり、気分が悪くなる状態でした・・・・。本当ですよ!)

飲めるようになってから、お酒を入れるグラスには結構凝った時期がありました。



上は数万円のグラスから下は数百円のグラスや陶器まで色々あります。

その日の気分で色々使い分けています。そして我が家に先日、錫さんが加わりました。


錫とは?が気になり少し自分なりに調べたところ、







欧州では飲食店・家庭では錫のカップに、水・酒・酢等を1度いれ、すぐに戻して
調理をしているそうです。それは水の分子が細かくなるのと、科学反応で瞬時に
雑味を分解、味が熟成されてまろやかに美味しくなるのと、遠赤外線が発生しイオン効率が高まり、食品の農薬や添加物が解毒・殺菌されるようです。
おまけに、ひび・欠け・割れがなく長持ち・修理可能と環境にベストなんですって!







前回のブログで割り箸について書きましたが、環境にやさしいお手伝いをここでも
実践できるかな??と思っています。

少しこじつけともとれるかな? 購入した日のディナーに登場した事は言うまでもありません。




皆さん、
これが本当にちがうのです!

テレビでおじさんが大げさに言ってたのもうなずけます。



いつものグラス感覚でビールを注いだところ、泡だけになってしまいこぼれそうな泡をのんだところ、きめ細かくやわらかで、すごく甘く、ビール自体もまろやかで軽い口あたりを受けました。

いくらでも飲めるかんじさえありかえって飲みすぎの原因になりそうです。



これからビールが美味しい季節です。みなさんも錫でビールはいかがでしょうか?



でもくれぐれも飲みすぎには注意ですよ!!!
by ill-rino | 2008-05-03 10:45 | グルメ