洗濯機置場のまわり

洗濯機の置き場の周辺について。

さて、洗濯機の、置き場所としては、洗面所という方が多いですが、ベランダやキッチンに置かれている方もいらっしゃいます。

スペースの問題もあるし使いやすい場所は、その人それぞれ。


nishikawaの家の洗濯機は、
上から洗濯物を入れる従来の全自動洗濯機。

浴室に隣接した脱衣室に置いています。
f0108606_16221812.jpg

数年前にフル改装した際に、脱衣室や浴室なども改装しました。


もともと この脱衣室には洗面台と洗濯機置場があったのですが、
別に洗面所があるので、2台も要らない
洗面所の洗面台の方は新しく取り替え、脱衣室の物は撤去しました。

その空いたスペース。

どうしようかな?
と考えて

小壁を作って、洗濯機スペースと収納スペースとに仕切りました。

冷蔵庫や電子レンジもそうなんですが、nishikawaは、家電が丸見えになるのは好きではないので、仕切りの壁をつけて脱衣室の入口から直接洗濯機が見えないようにしました。
f0108606_16221618.jpg



そして、以前使っていた長いカウンター材を大工さんにカットしてもらい、収納の棚として再利用。


洗濯機上の方には、奥行の異なる棚を2段設置。

そのうち下の棚は
身長156cmのnishikawaが取りだしやすい高さ(床から130cmの高さ)に奥行の20cmの棚をつけました。
f0108606_16222674.jpg

棚が深い方がたくさん置けますが、洗濯機の前に立った時に、鬱陶しく感じないように浅い棚にしました。

ここは、よく使う液体洗剤や洗濯ばさみの置場としています。

洗濯の度に使用する洗剤は、重い物もあるので、取り出しやすい位置、高さに置くようにするといいですよ。
f0108606_16222026.jpg

上の棚は、床から160cmの高さ。
身長の少し上の位置。
こちらも届きます。


奥行は45cmと下の棚より深くしました。
洗濯ハンガーやストック用品を置いています。
小壁があるので、このちょっとごちゃごちゃしたところは入り口から見えにくくなっています。


小壁で仕切られた もう一方のスペースは、収納スペース。

奥行45cmの固定棚を4段設置し、ハンガーパイプを上下2本取付けました。
f0108606_16222190.jpg

扉をつけようか?と迷ったのですが、いちいち扉をあけて使うのは面倒だし、扉代も高いし、通気も考えてオープン棚としました。

棚の高さを変えたり、増やしたり出来る可動棚の方が便利なのですが、オープンなので、見栄えを考えて固定棚にしました。


棚には無印良品のカゴをいくつも置き、タオルや下着や入浴剤などを入れて使用しています。
一番下は体重計やゴミ箱、洗濯かごのスペース。


ハンガーパイプは、
バスタオルやバスマットを干すのに使いますが、洗濯後にも便利に使っています。
f0108606_16212579.jpg


脱水が終わったら、洗濯機から出してここで一旦ハンガーに仮干し。
全部仮干しが終わったら、
全部持って
脱衣室から直接出られるベランダで、一気に干す。


というのも
帰宅が遅いので、平日は洗濯を始めるのが夜中。
干すのは、更に遅い時間になり、日付も変わっています。008.gif

深夜にベランダに出て、干す時間をなるべく短縮するためなんです。

冬は特に寒いんです〜
辛いんです〜



それに、脱水後にすぐに広げれば、洗濯物もしわになりにくいし、洗濯物をとりこんだ後もとりあえずこのパイプハンガーに引っ掛けておいて、後で時間が出来てから、ゆっくりたたむ事もできるので、オススメです。


nishikawaは壁にハンガーパイプをつけていますが、天井に物干金物「ホスクリーン」を付ければ、こんな使い方が出来ますよ。


洗濯機を囲ったこの壁。
余裕をとらずに、洗濯パンのサイズで仕切り壁を作ってしまったんです。
nishikawaの設計ミス
f0108606_1622275.jpg

洗濯機を買い換えようと思い立ったものの、このスペースに置けるドラム式洗濯機が限られていました。

容量の小さなものばかり

毎日洗濯するわけじゃないから、容量は大きい方がいい。

ずっと我慢していました

昨年末に発売された日立のビックドラムスリムは、洗濯、脱水なら9キロ。

f0108606_16222421.jpg


ヒートリサイクル風アイロンで、乾燥してもシワになりにくいらしいんです。

そして、何よりなんとか我が家にも置ける!
入る!

洗濯機を買いに電気屋さんに行くと、
必ず売り場の方に「置けますか?」とか聞かれます。
f0108606_16222258.jpg

ドラム式洗濯機は、サイズが大きいので購入前に設置場所の幅や奥行。
洗濯機パンの大きさ。
水栓の高さ。
設置場所まで製品が通れるか?廊下や階段などの搬入経路の寸法などをいろいろ確認しなければなりません。
ちゃ〜んと確認シートまで用意してあります。
f0108606_16222328.jpg

f0108606_16222455.jpg

重さが80キロもあるので、
途中で入らないから持ち帰り
となると電気屋さんも大変ですからね。

入るかな?と玄関、廊下や脱衣室の入り口などを何度も確認し
売場に通うこと数回。


これに決定!!
そしていよいよ搬入!

思ってた以上にスペースいっぱいいっぱい
f0108606_16221971.jpg

パンパン!
苦しそうだけど何とか置けました

あ〜これで夜中に洗濯物を干さなくていい〜

ちなみに浴室の天井には200vの電気式換気暖房乾燥機がついているのですが、予備暖房ぐらいで使うにはいいけど、衣類乾燥となるとパワー不足。


実家のカワック(ガスの浴室換気暖房乾燥機)とは、明らかにパワーが違います。
容積の大きなお風呂で洗濯物を乾かすにはかなり時間がかかります。

新しい洗濯機でも時間はかかるようですが、干すという手間がなくなるので何とか睡眠時間が増えるかも?
f0108606_1622307.jpg


f0108606_16223081.jpg


でも、どうやって使ったらいいのか?説明書を読まなければ。
ちゃんと使えるかな?
[PR]
by ill-rino | 2013-09-22 23:57 | お仕事