人気ブログランキング |

アプローチ。

戸建住宅の新築工事。

道路から玄関までのアプローチの工事を行いました。

道から玄関までのアプローチは、直線ではなく少し弧をえがいたデザインにしました。

道から玄関までの10数歩。
ゆるいカーブを描いた道は
「ようこそ056.gif

と、人を招き入れているイメージがあっておすすめしています。


前もって、外構屋さんが木枠でカーブを形作り、下地まで行っています。

そしていよいよタイル職人さんが登場!

f0108606_19101774.jpg

石とアプローチをじっと見て考える職人さん。

f0108606_19101828.jpg

さまざまな形の石を、このアプローチの形にあうように、並べていきます。

まるでパズル005.gif
f0108606_1995653.jpg


UNISONのクレモナストーン

石英岩という天然の石です。
f0108606_1995533.jpg

天然の石のそれぞれの形をなるべくいかして並べます。

nishikawaは、パズルとか苦手なのでそれを考えるだけでも無理

f0108606_1910049.jpg

f0108606_1910157.jpg

重なるところは後でカットするそうです。
f0108606_1910177.jpg


ひととおり並べ終わりました。

熟練した人でないと、並べるだけで3日はたってしまうそうです。

重なってる部分を赤鉛筆でしるしをつけていきます。
f0108606_1910690.jpg


f0108606_191081.jpg

集塵機つきのカッターで、石のしるしをつけた部分をカット。
f0108606_1910854.jpg


f0108606_19101025.jpg

f0108606_19101091.jpg

自然の色合い、肌合いがきれいです。
f0108606_19101412.jpg

カットした切れ端の方も、形があえば隙間に使います。
f0108606_19101352.jpg

カットも終わって、石の位置がきまったら、
f0108606_1910396.jpg

一旦、石を外して、割石の下にモルタルを敷きます。
f0108606_1910428.jpg

石の厚みは10ミリ〜40ミリ。
ところどこ厚みが違います。

踏む所がガタガタにならないように、タイルの下のモルタルの厚みで調整します。
f0108606_19101448.jpg

水平器で、水平かどうか見ながら、割れ石をゴムハンマーでぽんぽん叩いています

もぐらたたきのようにも見えます。
ゴムハンマーってストレス発散になりそうやわ~。
f0108606_19101520.jpg

f0108606_19101586.jpg

たたき終わってしばらくおいて、目地モルタル(すきま)をつめます。
f0108606_19101633.jpg


見ていると、
面白そうで、やってみたいな〜と思ってしまいます。

f0108606_19101750.jpg



後日、型枠を外して、玉竜を植えました。
f0108606_19102141.jpg


玉竜は常緑の多年草。

以前は和風の庭園によく使われてきましたが、近年は和洋を問わずに多用されています。
耐暑性、耐寒性があり、踏圧にも強く、病虫害もなく、肥料も特に必要としない手間いらずな賢い植物なんです。

「竜のヒゲ」とも言われますが、「竜のヒゲ」の矮小種です。
f0108606_1910206.jpg

ハイグレードな割石に玉竜を組み合わせると、自然な温もりが加わります。

玉竜は繁殖力が強く、地下茎なので、10センチくらい株間を空けています。
今はちょっと寂しい感じだわ~


早くみどりみどりしてほしいな〜。

家までが楽しくなるようなアプローチです
by ill-rino | 2013-03-23 13:56 | お仕事