キッチンのかたち③

キッチンのかたちについて

こちらもアイランドキッチンと言われることもあります。

壁つけのキッチン+アイランドカウンターのあるキッチンです。

カウンターがアイランドになっています。




欧米の家庭などに多い形です。

このアイランドカウンターは、作業台として使用し、周囲をぐるりと歩けるようになっていて、キッチンではなく、このカウンターを人が囲むことが出来るようになっているスタイルです。


このアイランドカウンターにパーティシンクを設けることもあります。



カウンター。
下は収納になります。
カウンター上は作業台
配膳したり、作業をしたり、来客が多い時は料理を並べたり、
天板も使い方によって天板の素材も選ぶといいですね。

タイル貼りするとかわいらしくなります。

ただ、タイルは目地があるので、パンをこねたり、お菓子をつくったりうどんや蕎麦をうつなら、天板の素材はお手入れの楽なもの
ステンレスや人造大理石がいいかと思います



アイランドカウンターは、システムキッチンと一緒にオーダーしたり、造作家具でつくったり出来ます。


そこまでしなくても
手軽に市販品を組み合わせてもいいですね。
f0108606_20302884.jpg

IKEAのカウンター
いろんなサイズがあります。
下にキャスターがついていて移動できるものもあります。

移動できると便利ですね。
f0108606_20303142.jpg

f0108606_20303415.jpg

天板は木製や金属。
なかなかいいものがお安く揃ってます。

キッチンの中央に置けば
「壁付けキッチン」が「アイランドキッチン」に早変わりです。




[PR]
by ill-rino | 2013-01-28 01:39 | お仕事