人気ブログランキング |

結露

神戸のお客様のお宅で打合せ。

この日はこの冬一番の寒さ。
かなり山の手なので、道が凍結していないか心配でしたが、大丈夫でした。


f0108606_12121862.jpg






f0108606_12122071.jpg





山の手なので、アイルの事務所より気温が低いです。

玄関の工事のお打ち合わせだったのですが、他にご相談も受けました。



お客様のお家は、とても広いリビングがあり、LDKだけで窓は6箇所もついていて、暖房器具はガスファンヒーターをお使いです。

そのリビングの窓の結露に困っていらっしゃるご様子。


窓が多いと明るいのですが、冬はそのガラスが冷えてそこから熱がどんどん逃げていきます。

家の中と外とで温度差があると、あたたかい室内の空気が、その冷たいガラスで冷やされてしまいます。

空気中に含まれる水蒸気は、含めることができる量に限度があるので、もうこれ以上含められなくなった水蒸気が、窓表面に水滴となってついて、窓をべちょべちょにします。
それが結露です。


ファンヒーターのような燃焼型の暖房器具を使用すると、どうしても水蒸気が発生するので、室内の水蒸気濃度があがって、より結露となってしまうんです。


ガラスから熱が逃げて寒いので、より暖房するので、より結露するという悪循環がおこっています。



結露は、そのままにすると、窓枠が傷んだり、カビが繁殖してそれがアレルギーの原因となることもあるんです。


nishikawaも以前、自宅の結露を放置していたら、お気に入りのカーテンにカビが生えてしまってビックリ!!
めっちゃショック!

それ以来、毎朝せっせと拭いてますが、これってけっこう手間ですよね〜。



すぐ暖かくなって便利な石油ファンヒーター、ガスファンヒーターなのですが、これらの燃焼型の暖房器具を使用するよりも、エアコンの方が、湿度の上昇、水蒸気の発生は抑えられます。


窓の結露対策としては、

換気扇をまわして、室内の湿度をさげるのも多少の効果があります。

就寝時にはLDKの換気扇を回しておくと、翌朝の結露は少しマシですよ。


でも、何より窓の温度低下を防ぐ為に、断熱内窓をつけたり、ガラスをペアガラスに交換するのが効果的なんです。


このお客様のお宅もLDKの窓のうち、1箇所に断熱内窓を取り付けておられのですが、そちらは結露していません。

その断熱内窓の内側のガラスにさわると、他の窓のガラスとは温度が違います。



断熱内窓は住宅エコポイントの対象工事です。

人が出入りするくらいの大きさの掃き出し窓なら18000ポイントが発行されます。
(ポイントは、窓の大きさによって異なります)

そのポイントは復興支援商品などに交換できますし、ポイントの一部を他の工事費用にあてることもできますよ。


このエコポイントを使って他の工事を行うなら

結露対策としては、床暖房工事がオススメですね。


床暖房は、ガスでも燃焼器具が外部にあるので、室内で水蒸気は発生しません。
足元暖かで、空気も汚れません。
頭寒足熱でいいですよ。

それにガスなら月々のガス代も床暖割引があるので、床暖房を設置しないでガスファンヒーターを使用するよりお得なんですよ。


nishikawaの実家も、ずっとガスファンヒーターを使用していましたが、姪っ子が生まれた時に「こんな冷たいフローリングでハイハイするのはかわいそう」

とリビングをリフォームして、床暖房にしました。
(娘の為には工事してくれなかった〜。孫にはかないませんね)

氷のように冷たかった床が、春の砂浜のようになりましたよ。
暖かくなって、皆そこに集まります。





犬用ホットカーペットの上で寝ていた愛犬も


f0108606_12122148.jpg




床暖房の恩恵に預かっています。



f0108606_12122185.jpg




エコポイントは今年の10月31日着工分までが対象ですが、昨年のように早期に終了してしまう可能性もあるのでお早めに〜


断熱内窓、床暖房
この冬いかがですか?
by ill-rino | 2012-01-14 06:52 | お仕事