エコカラット

暑いですね。
今日は、新築工事中の現場のうち1件がリビングの一面にタイル貼り工事を行いました。

f0108606_9381576.jpg



貼るタイルは、INAXのエコカラット。

エコカラットは普通の磁器やせっ器タイルとは、違って多孔質セラミック。
使い方も機能も違います。


f0108606_9381622.jpg

エコカラットの
プレシャスモザイク パールマスク。
タイル1枚の大きさは5cm角
厚みが違い、また表面に波のような模様があるので、陰影がでます。パールのような色味なので上品さもあります。

1枚のタイルは5cm角ですが、裏面は30cmのシートにひっついていて、必要に応じてカットして使用します。
接着剤が乾かぬ内に、急ぎすぎず、水平に貼ります。
タイルとタイルの間に目地を入れないので、ごまかしがききません。
職人技ですね。
見ていて面白い。

f0108606_9381665.jpg



エコカラットは調湿能力が高く
湿度が高くなると湿気を吸い取り、
湿度が低くなると湿気を放出するんです。
これからの季節、カビの発生を抑制します。国内初の調湿建材として登録取得。

そして、においの吸着力もあるので、室内でペットを飼っているお家にもオススメ。
加えて、ホルムアルデヒドやトルエンなどの化学物質の吸着力まであり、その機能もホルムアルデヒド低減建材として認められています。

エコカラットが吸収できる湿気の量は同じように調湿効果があるといわれる珪藻土の約5倍。

と言われても
調湿力とか、においの吸着力とかって
目には見えないもので、なかなかわかりにくいですよね。

nishikawaは自宅のLDKなどの壁天井に珪藻土を施工しています。
やはり、工事完了直後から 珪藻土を施工した空間だけは、においはないし、生活ででるにおいが残らないんです。
他の部屋と空気が違います。
冬場、どうしても窓ガラス部分は結露するんですが、特に湿気も感じないし、カビもゼロ!
寒がりなので、ガスファンヒーターをガンガンにつけてても、そんなに乾燥を感じません。
快適です。

f0108606_9381671.jpg


そんな珪藻土よりも効果のあるエコカラット。今回はリビングの壁全体ではなく、インテリア性重視で、リビングの一部分だけに施工。
この前にテレビを置き、照明で壁面を照射する計画です。

インテリアとして、リビングのテレビの後ろやソファの後ろなどに貼るのもいいですし、トイレや玄関や、階段などにポイントで貼るのもオススメ。
におい吸着効果を利用して、下駄箱やキッチン内部に置くというおもしろい使い方もあります。
機能的に優れていて、
なおかつデザイン性も高いことが人気の理由。


ただ、調湿効果を発揮する為には、その空間の床面積の半分以上の壁面積に施工することが望まれます。

またお風呂など水がかかる場所には使えません

でもいくらにおい吸着効果があっても、さシャンプー2週間後の看板犬のにおいは、吸着しきれないのでは?

f0108606_9381798.jpg


???
[PR]
by ill-rino | 2011-05-21 00:11 | お仕事